会社案内

代表者あいさつ

株式会社飯沼は昭和37年に栃木県の西方町において、あわれ、柿の種、煎餅の製造を始めました。

創業前は、味噌、醤油の醸造を行っていたこともあり、「たれ」には特にこだわりを持って製造をさせていただいています。

創業時の気持ちを忘れず、伝統を守りながらお客様においしいといって食べて頂ける米菓を目指し日々精進しています。味にも、安全にも妥協することなく、常に新しいものにもチャレンジをしながらこれからも「食」を通してして皆様に愛して頂ける会社となれるるよう努力をして参ります。


会社概要

会社名 : 株式会社飯沼

代表者 : 代表取締役飯沼邦章

住所地 : 〒322-0601栃木県栃木市西方町元851-1

TEL : 0282-92-2004

FAX : 0282-92-8832

ホームページ : http://www.iinuma.co.jp

設立年月日 : 昭和37年4月1日

資本金 : 1000万円

業務内容 : あられ、煎餅の製造、卸、販売

許認可(菓子製造業) : 栃木県指令南保第1100051号

工場直売店営業時間 : 9:00~17:00休業日日曜、祭日


会社沿革

創業前 本家の造り酒屋より分家後、現在の場所で味噌、醤油の醸造を始める  

1962 栃木県上都賀郡西方村元851-1において 飯沼誠一が丸十製菓有限会社を設立あられ、
    柿の種専門メーカーとして製造販売開始

1964 丸十製菓有限会社より有限会社飯沼に社名変更

1966 需要拡大により連続焼機・大型乾燥機2機を導入しコストダウンを図る

1967 商品多角化のためフライヤーの導入。 柿の種の型を使い揚げあられの製造を開始

1975 技術者増員により、従来製品以外の新商品開発

1980 営業員を増員し百貨店、専門店部門を新規開拓

1989 生産量拡大に伴い工場を増設。半自動味付け機、仕上げ乾燥機を導入

1995 専門店向け商品増産のため自動反転式手焼き機導入  

1998 異物混入防止のため、仕込み用タンクからの米の搬送をコンベアーより エアー搬        

      送式に切り替え

2002 高級手焼用焼釜導入合わせて乾燥機1機導入

2006 揚げ製品の増産のため乾燥設備追加

2008 有限会社飯沼より株式会社飯沼へ組織変更
  代表取締役を飯沼昌子から飯沼邦章へ変更

2010 工場敷地内に直売店舗開設

2011 市町村合併により栃木市西方町元851-1に住所表記変更

2013 揚げ工場改築に伴い、電磁式フライヤー、味付け乾燥機の導入

2013 包装工場の老朽化により建て替え。エアーシャワー等衛生設備の導入


取引銀行

鹿沼相互信用金庫 金崎支店  

足利銀行 楡木支店      

栃木銀行 鹿沼東支店


受賞

第18回全国菓子博覧会 金 賞 (昭和48年2月受賞)

第19回全国菓子博覧会 審査功労賞 (昭和52年2月受賞)

第20回全国菓子博覧会 副総裁賞  (昭和59年3月受賞)

よしもと47シュフラン 金 賞 (平成29年3月受賞)